ファミコン世代のおっさんブログ

ファミコン世代のおっさんゲーマーのブログです 

MENU

ポケモンGOが遂に日本でのアプリ配信開始!で早速サイバー被害が続出⁉︎ 警視庁も出動する騒ぎに⁉︎

いよいよ2016年7月22日ポケモンGOの日本での配信開始されましたね!

早速サイバー被害が続出も続出し警視庁も出動する騒ぎになっているようですがw

 

長らく日本での番の配信開始までユーザーを待たせてしまった事に関して開発者からのメッセージも出ています

 

youtu.be

 

開発者からのメッセージ

 

開発者のポケモンGOに対する熱い気持ちが込められていますね

しかしそんな中で警視庁交通部は急遽 同日にゲームのしながらの歩行、いわゆる歩きスマホをしないように異例の街頭指導を実施するに至ったそうです

ただがゲームが配信されただけで警視庁が動くなんて本当に異例の自体ですね(^_^;)

f:id:naole:20160722230213p:plain

それと同時にポケモンGOの配信に便乗して偽アプリの配信も横行している様です

偽アプリに気をつけてー!

 

情報セキュリティー大手トレンドマイクロの発表によると便乗した偽アプリは現時点で43種類もあるようです!Σ(・□・;)

この偽アプリは正規のマーケットで配信されていた物になるようで、ぱっと見では区別がつかないようにアイコンやタイトルを似せて作ってあるようです

f:id:naole:20160722230332p:plain

f:id:naole:20160722230359p:plain


そのうちの19種類はダウンロードした途端に自動的にウイルスに感染した状態になり、遠隔操作で個人情報などを抜き取るようです

その他の偽アプリは正規のアプリを改造したものでゲームとしては普通に機能するが、広告を表示させて不正に広告収入を得ようとするものだったりします

とにかくダウンロードする際は公式サイトからのダウンロードを心がけ、よく注意するように呼びかけています

これだけ人気のゲームアプリだとやはり便乗して悪さする輩もでてきますね(~_~;)

こういったサイバー被害も注意が必要ですが

 

 

やはり歩きスマホが危ない

 

f:id:naole:20160722230453p:plain

警視庁によると東京都渋谷区で5月に歩きスマホしていた女性が交差点に進入して車に轢かれるという事件が発生したようです

幸い女性は軽傷で済んだようですが、一歩間違えば大事故になっててもおかしくかったことですよね

それを踏まえて今回は警視庁交通部が東京や新宿などでチラシを配りながら注意を呼びかけるという異例の自体が発生したといえるようです

歩きスマホ自体はちょっとした社会問題にもなってもいますが、本当に気をつけてほしいものですね


これで歩きスマホで何か事件が起きると規制みたいなのが発生してユーザー達に負担を強いる事にもなりかねません

既に先行配信されている海外ではなんと死者も既に出ているようですね(゚o゚;;

ポケモンGOをプレイ中の少年二人がポケモン欲しさに勝手に他人の住居に進入して一人は射殺、もう一人は重症という事のようです

まぁ日本では射殺はないでしょうけども、こういった一部マナーがないプレイヤーによって良識のあるプレイヤーが迷惑を被ることは予想できそうですね

日本でもモンスターペアレントやモンスターカスタマーなど、一部の非常識な人種が確かに存在します

f:id:naole:20160722230114p:plain

そのうち「モンスターポケモンGOプレイヤー」なんて人たちが出てきてしまう事になるんでしょうかね?(^_^;)

そもそもポケモン自体がある意味モンスターなんですからモンスターを捕獲しようとしている人がモンスターという何とも笑えない冗談です…

海外では一部のプレイヤーはポケモンのたまごを孵化させるために本来ならば自分の足で2㌔〜10㌔の道のりを歩かなくてはならないのですが

ドローンにスマホを取り付けて動かすなんて強者も既にいるようですw

まだまだドローンに対する規制も緩い状態なのにダブルで心配ですね〜w

くれぐれもしっかりマナーとルールを守って他人に迷惑をかけないようにプレイしていきたいですね(^◇^;)