ファミコン世代のおっさんブログ

ファミコン世代のおっさんゲーマーのブログです 

MENU

【ファミコン世代の名作(迷作!?)ゲーム】伝説のクソゲー「デスクリムゾン」編


f:id:naole:20160917121947p:plain

今回はセガサターンの伝説のクソゲー「デスクリムゾン」をご紹介したいと思います

 

1996年8月9日にセガサターンで発売されたガンシューティングゲームです。サードパーティーがセガサで発売した、最も古いガンシューティングゲームになります。

開発元はエコールソフトウェア

 

このソフトはセガサターン史上もっとも空前絶後の最低評価をたたき出した迷作です

f:id:naole:20160917130506p:plain

 

もはやこれはゲームとして成立しているのか!?

 そんな「デスクリムゾン」ご紹介しましょう!

 

 

 

前回の記事↓

 

www.usa2016.info

 

 

www.usa2016.info

 

 

www.usa2016.info

 

はじめに

 

まずはこちらの動画をごらんください

始まる前のOPムービーを見ただけでこの「デスクリムゾン」のハイポテンシャルぶりがわかります

youtu.be

 

 

さっそくプレイしていきましょう

まずはメーカーロゴが流れます

f:id:naole:20160917133050p:plain

メーカーロゴがあまりにも怖い!

小学生以下の子供ならトラウマになるレベルでした!

 

しかも、このメーカーロゴ・・・

もちろんスキップ機能などの軟弱な機能はありません!(゚Д゚;)

 

しかもゲームオーバーになってタイトルに飛ばされる度に見せられる親切仕様なのでその度に精神汚染されます

 

 

 

この時点で電源を切りたくなりますが、それでもめげずに続けると

 

謎の生命体が出現

f:id:naole:20160917132052p:plain

そして「キョゥゥエゥェェェ!!」と奇声を発します

恐らくですがこのソフトを定価で買ってしまったという

現実を受け入れられなくなったユーザーの慣れの果てだと思われます

※定価は5800円です

 

 

そのまま進めていくと主人公のプロフィールの紹介があります

f:id:naole:20160917132828j:plain

 

コードネームに本名が入っているような気がしますがきっとなにかの文字バケでしょう

本来コードネームとは本名を隠すために使用するものですからね(^o^)

 

 

さぁそして主人公の雄姿が!

f:id:naole:20160917133424j:plain

なぜか片足立ちしています

おそらくさっきまで胡坐をかいていて左足が痺れているためだと推測されます

 

さぁ!さらに進めていきましょう!

 

いよいよOPムービーの本番が始まります!

 

「ダニー!グレック!生きているかぁ!?」

「あ゛ぁ なんとかな...」

 

「上からくるぞぉ!? きろつけろぉ!」

 

明らかに同じ声優の方が演じているのがバレバレですが、声質を少し低くする所などは

努力が伝わります!

 

何が来るのかわかりませんが、気をつけろと言いながら階段で上に登っています

コンバット越前の勇猛さが伺えるところですね

 

 

さらに見ていきましょう

 

「なんだこの階段はぁ!?」

f:id:naole:20160917135301p:plain

 

いや普通の階段じゃねーかよ

 

というツッコミを我慢してムービーを進めていくと...

 

 

 

なんと行き着いた先には謎の扉が!!

f:id:naole:20160917135803p:plain

 

ここで「デスクリムゾン」史上で最も有名は名ゼリフが登場します!

 

 

 

「せっかくだから、俺はこの 赤の扉 を選ぶぜ!!」

 

 

( ゚Д゚)ハァ?

 

まるで意味がわかりませんこの時点で精神に異常をきたしてしまったユーザーも数多く居るはずです

 

そして扉自体は全然赤くありません

※この「せっかくだから」はなにがせっかくだからなのか未だに解明されていません

 

 

そして扉の先でコンバット越前は「クリムゾン」を手に入れたのでした

 

さぁOPムービーはこれで終わりです♪

ここまで見ていただいた方は勿論ストーリーや世界観などがお分かり頂いたと思いますので補足はしません(^o^)

 

というか補足不能なので各自でWikiなど参照してくださいね♪w

 

 

さぁ!最後の気力を振り絞ってゲームを始めましょう!

 

まずは始める前にゲームの環境を整えるためにオプション画面をチェックしましょう!

 

充実のオプション!

f:id:naole:20160917142658p:plain

 

オプションできるのはサウンドのみ!

なんとも男らしい設計でありますね!

 

例えゲームオーバーしてもサウンドを切り替えれば気分も一転してまたプレイできる!

素晴らしいアイデアですね!

 

 

サウンドを設定したらさっそく始めていきましょう!

なかなか照準が合いません!

理由は不明ですが、必ず標準が左方向にズレます!

 

しかも敵がものすごい量の閃光弾を使用してきますので画面がまぶしくて、すぐに目がやられます!

 

そしてダメージを受けた後の無敵時間がコンマ1秒もないので追撃で死亡なんて当たり前です!

 

最近のゲームをプレイしている方ならご存知でしょうが、ほとんどのゲームが攻撃を受けた際に

ある程度の無敵時間(ダメージ0)が発生しますがこれにはそれが一切施されていません!

 

しばらくやっていくと民間人らしき人がでてきます

f:id:naole:20160917143711p:plain

 

彼の名前は「大野」さんと言うそうです

 

彼を撃つと「おーのー(Oh No)」と自己紹介してます

 

そしてコンテニューなど貧弱なシステムはもちろんありません

 

ゲームオーバーになるたびに、名作と言われるロゴを見せられ、そして照準は合わない、民間人(大野さん)でライフが減り、そしてまた戻る

という無限地獄が待っています

 

 

まとめ

いかがだったでしょか?

 

今では伝説のクソゲーと称されて、一部のお店ではプレミアまで付いてるらしいですw

 

もし時間と精神力に余裕がある方は是非プレイしてみて下さいね(^o^)w

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク