ファミコン世代のおっさんブログ

ファミコン世代のおっさんゲーマーのブログです 

MENU

【パズドラ攻略】転生ヤマタノオロチの性能と評価・使い道の考察

f:id:naole:20170105105636p:plain

転生ヤマタノオロチの性能の解説をしていきます。
通常は転生進化はした方がお得なのですが、オロチにはそうとも言えない事情があるので作るかどうかの参考にしてください。

 


パズドラ攻略していくぜぇ!ヽ(`∀´)ノ ウヒョー

 

f:id:naole:20170105105714g:plain転生オロチの性能

 

まずは転生進化して変わる点を見ていきましょう。

f:id:naole:20170105105747p:plain

まずは他の転生進化同様にタイプは神タイプが付きます。

副属性は木から光に変更になります。

覚醒スキルは無難な操作時間延長が1つ追加されました。

 

リーダースキルは最大5倍まで出るようになりましたが、9コンボ4.5倍と10コンボ5倍の倍率が追加されただけです。


HP50%以上の単発攻撃ならHP1だけ残るリーダースキルですが、肝心の攻撃倍率が低くてあまり使い勝手はよくありません。

アヌビスなどと組んで火力をある程度維持しながらヘラの先制大ダメージを受けられるという利点はありますが、それならダメージ軽減スキルを入れた普通のパーティーの方が使いやすく強いでしょう。

f:id:naole:20170105105832p:plain

一番注目する点としてはステータスです。

HPが1670、攻撃力が100、回復力が30上がります。
特にHPの上がり幅がものすごいです。


さらにHPにプラス99振ると+990でHPは7750になります。
潜在覚醒のHP強化やアシストのパラメータボーナスも利用すると、HP9000越えも十分可能です。

攻撃力は低いですが、覚醒スキルの2体攻撃は4つ消しをすると攻撃力が1.5倍になり、オロチはそれを4つ持っていて4つ消しで約5倍の攻撃力になるため気にならないでしょう。

 

 

f:id:naole:20170105105714g:plain転生オロチの難点

性能だけ見ると転生進化強いじゃんって思えるのですが、残念な所が一箇所あるのです。
それは副属性の変更です。

f:id:naole:20170105105919p:plain

水/木という属性だったからこそ、神タイプではないのに属性埋めでラードラに入れることもありました。

f:id:naole:20170105105952p:plain

さらにあまり優秀な遅延スキル持ちがいない木属性パーティーのサブに入れても十分機能させることができました。

副属性が変わると木属性のサブとしては適さないですし、神タイプが付いたからとは言え属性を埋めることができなければラードラのサブに入ることもないでしょう。

 

 

f:id:naole:20170105105714g:plain転生オロチの使い道

オロチの使い道としては最短15ターンで使えて、4ターンの遅延ができるスキルが魅力です。

エキドナなど3ターンの遅延はアシストができないので、アシストできる遅延スキルという意味でも貴重です。

f:id:naole:20170105110048p:plain

水属性のアシストとして使うなら転生オロチだとパラメータボーナスでHPが676上がるというのはお得です。


ただ、覚醒オロチでもHP509上がるのでこれだけのために経験値1600万使うのはもったいないかもしれません。

水パーティーのサブとしてならばステータスの上がる転生オロチの方がいいでしょうね(゚∀゚)

 

 

f:id:naole:20170105105714g:plainまとめ

覚醒進化から転生進化するには進化素材も簡単でいつでも作れます。
ただし、一度転生進化してしまうともう戻すことはできません。

そのため覚醒オロチの副属性の木属性が今まで何かしらの役に立ったことがあるならば、転生進化させない方がいいのではないでしょうか。

もし、オロチを2体目、3体目が入手できた時に1体は転生オロチにしてみようかというような判断でいいと思いますよ(*^_^*)

 

f:id:naole:20170109102258g:plain魔法石なら裏技使えば無料ゲットできるんですけどw

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク